【国内男子ゴルフ】メジャー“卒業”宣言の中嶋常幸予選落ち 引退は考えず

2018年06月02日 13時00分

 男子ゴルフの国内メジャー「日本ツアー選手権森ビル杯」2日目(1日、茨城・宍戸ヒルズCC西C=パー71)、今大会限りでレギュラーツアーのメジャー“卒業”を宣言していた中嶋常幸(63=静ヒルズCC)は77と崩れ、通算11オーバーの118位で予選落ちした。

 今回が19回目と比較的新しいこの大会は、日本タイトル7冠の中嶋が唯一勝っていない試合。「8冠を目指し、それをモチベーションにしてきたが、もう力が及ばない。真剣勝負のメジャーの枠は若い人に譲る」と話した。

 引退は考えておらず、次戦の「ダンロップ・スリクソン福島オープン」など、レギュラーツアーの一部の大会には今後も出場。シニアツアーにもこれまで通り出場する。