【米女子ツアー】畑岡奈紗 猛追「69」通算10アンダー10位

2018年05月28日 11時30分

トップ10フィニッシュの畑岡(AP)

【ミネソタ州アナーバー27日(日本時間28日)発】米女子ツアー「ボルビック選手権」(トラビスポイントCC=パー72)最終日、15位から出た畑岡奈紗(19=森ビル)は5バーディー、2ボギーの69とスコアを伸ばし、通算10アンダーで10位だった。自身初の単独トップで予選を通過したが、3日目にスコアを落とした。「最終日はパッティングをしっかり決めてアンダーで回れるようにしたい」との言葉通り気持ちを切り替えて臨み、意地を見せた。優勝は通算16アンダーでミンジー・リー(22=オーストラリア)。

 42位から出た横峯さくら(32=エプソン)は6バーディー、2ボギーの68と追い上げ、通算7アンダーで24位。11位から出た上原彩子(34=モスバーガー)は2バーディー、4ボギーの74と崩れ、通算6アンダーの32位だった。