【米男子ツアー】松山と小平が同組

2018年05月17日 16時30分

 男子ゴルフの米ツアー「AT&Tバイロン・ネルソン」(17日~、トリニティ・フォレストGC)の予選組み合わせが16日発表され、松山英樹(26=LEXUS)と小平智(28=Admiral)は初日午前7時40分(日本時間午後9時40分)に10番スタートの同組に入った。2日目は午後0時40分(同19日午前2時40分)に1番から出る。

 小平は16日、自身のSNSに「今日は英樹と練ラン(顔文字)色々教えていただいてます!」と松山とのツーショット写真を投稿し、ともに練習ラウンドを行ったことを報告。この流れのまま、本戦も同じ組でのプレーが決まった。

 2人が一緒に回るのは松山が優勝した(小平は6位)2016年の「日本オープン」(3日目)以来で、米ツアーでは初めて。この組には10年米ツアー賞金王のマット・クーチャー(39=米国)も入った。

 先週の「プレーヤーズ選手権」ではともに予選落ち。特に松山は18年の初戦となった「セントリー・チャンピオンズ」(4位)以来、トップ10入りがない。米国ではめったにない日本人同士のラウンドで流れを変えられるか。