【フィギュア】羽生がスケート連盟祝賀会で衝撃告白! 「実は自転車乗れないんです…」

2018年04月27日 16時30分

 平昌五輪男子フィギュアスケートで金メダルを獲得した羽生結弦(23=ANA)が超一流アスリートらしからぬ仰天の秘密を明かした。

 羽生は26日、都内のホテルで行われた平昌五輪メダリストおよび入賞者、昨年度の優秀選手を表彰するスケート連盟の祝賀会に出席。メダリスト7人が一堂に会したトークショーでは、フィギュアのトレーニング法がまだ科学的に解明されていないことも多いと紹介し、女子団体追い抜き代表(チームパシュート)の選手たちに、エアロバイクを用いたトレーニングについての質問を投げかけた。

 だが、ここで司会から「羽生選手も普段バイクをこぎますか?」と問いかけられると「自分は自転車には乗れないんです。昔やったことはあったんですけど乗れなくて…」と衝撃の告白。66年ぶりにフィギュアスケートで五輪連覇の偉業を成し遂げた天才にも、まだまだ意外な部分があったことで会場はどよめいた。

 また、団体パシュート金メダリストメンバーで先日現役引退を発表した菊池彩花さん(30)から「(トークショーの出席者全員に)あだ名をつけてほしい」とリクエストされ、小平奈緒(31=相沢病院)は「コーさん」と命名。他の6人にもそれぞれのニックネームをつけるなど、意外な一面が見えた一日となった。