羽生結弦がフィギュア世界選手権欠場

2018年03月08日 11時30分

羽生結弦

 2月の平昌五輪フィギュアスケート男子で66年ぶりの連覇を達成した羽生結弦(23=ANA)が昨年に続く連覇がかかる世界選手権(21~24日、イタリア)を欠場することが正式に決まった。日本スケート連盟が7日に発表した。

 羽生は昨年11月に右足首を負傷し、その後の試合を欠場。復帰戦の平昌五輪で金メダルを獲得したものの、痛み止めを服用しながらの演技だった。試合後は「痛いのはルッツとループの踏み切り。着氷に関しては痛み止めを飲んでいれば大丈夫」と状態を説明。さらに治療が必要であることを明かしていた。

 発表によれば、診断は右足関節外側靱帯損傷、腓骨筋腱損傷。約2週間の安静と3か月のリハビリ加療が必要となる見込みだという。羽生は連盟を通じ「これまでたくさんの応援ありがとうございます。診断の結果、世界選手権に出場できなくなりましたが、一日も早く復帰できるよう、治療とリハビリをしっかりとし、少しずつできることを続けていきます」とコメント。政府は羽生に国民栄誉賞を授与する方針を固めているが、羽生は来季以降に誰も成功していない4回転半ジャンプへの挑戦を表明しており、まずはコンディションを整えて新たな偉業に挑むことになる。

 欠場する羽生に代わって、補欠としてエントリーしている友野一希(19=同志社大)が出場する。

関連タグ: