【フィギュア】宇野「メダルはたぶんカバンの中に…」

2018年02月23日 16時30分

リラックスモードの宇野はミーシャ・ジー(奥)とじゃれ合った

 17日のフリーを終えて日本に戻っていた宇野昌磨(20=トヨタ自動車)は前夜、再び現地入り。エキシビションに向けて22日の練習に参加した。

 今回のスケジュールについては「もうちょっと後に来るつもりだったんですけど『来なさい』って。誰かはよく分からないですけど、上の方から(笑い)」。競技が続いている女子選手を除いて、オープニングやエンディングの全体練習が始まっており、それも影響しているようだ。

 相変わらず、五輪で銀メダルを獲得した実感はなく「もう、僕は次の世界選手権に向けて練習しようと思っています」。メダルは取材などで必要になる可能性があるために持ち歩いているが「たぶん、カバンにあると思います」と相変わらずの無頓着ぶりだった。

「五輪を重要視していないことは良く思われないかもしれないけど、僕にとっては一つの試合だった。人によって懸ける思いは違う。年齢を重ねていくにつれて自然と出るんじゃないかと思う」。世間では羽生の背中を追う弟分のようなイメージが定着しつつあるが、自らの考えをはっきりと口にした。