【フィギュア男子】金メダル羽生 演技後右足に触れたのは「感謝の気持ちだけです」

2018年02月17日 15時02分

演技を終えて右足を触る羽生

【韓国・江陵17日発】平昌五輪フィギュアスケート男子フリーで、ショートプログラム(SP)首位の羽生結弦(23=ANA)は206・17点、SPとの合計317・85点をマークし、金メダルを獲得。男子フィギュアでは66年ぶりとなる連覇を果たした。以下、羽生と一問一答。

 ――どんな気持ち

 羽生:本当にたくさんの方々がサポートしてくださって、なんとかこうやってまず滑ることができてホッとしているのと、自分がやり切れたなと思える演技ができたことがまず良かったかなと思います。

 ――演技直後、ほえていた

 羽生:とにかく右足が頑張ってくれたと思ったし、ケガのせいで練習できなかったところもあり、たくさんの方に心配をかけた。今まで以上の強い応援、サポートがあったと思うので、そういうものに恵まれているなと。

 ――演技後に右足を触っていた

 羽生:感謝です。感謝の気持ちだけです。

 ――この姿はイメージできていたか

 羽生:演技構成が定かではなく「構成どうですか」と質問もされましたが、どうしていいのかベストが分からず悩んでいたので、フリーはイメージしづらかった。でも最終的に、集中して跳びたかったジャンプは跳べているので良かったと思います。

 ――ルッツはよくこらえた

 羽生:右足に感謝しかないです。

 ――五輪チャンピオンになった。皆さんにメッセージを

 羽生:ここまで来るのにたくさんの方に支えられて生きてきました。スケートだけではなく、羽生結弦として、たくさんの方々に育てていただいたことに本当に感謝します。ありがとうございます。