【フィギュア男子】銀メダルの宇野 最初のジャンプ失敗で「笑いがこみ上げてきた」

2018年02月17日 14時49分

銀メダルを獲得した宇野昌磨

 平昌五輪フィギュアスケート男子フリーで、宇野昌磨(20=トヨタ自動車)が最終24人目の滑走で202・73点を出し、合計306・90点で銀メダルを獲得した。

 宇野の話「1個目のジャンプを失敗したが、最後まで満足いく演技ができたと思う。1個目を失敗しても焦らず、次のジャンプを跳ぶことができた。練習でやってきたことを十分に出せた。今日の滑り出しは『滑っていない』という感触だったので、できない可能性のほうが高いと思っていた。どんな状態でも跳ぶという、練習でしてきたことができた。(最終滑走で)僕は全部見ていたので、完璧な演技ができれば1位になれると思っていた。でも(最初の4回転)ループで失敗した時点で笑えてきた。焦ることなく、笑いがこみ上げてきた」