【フィギュア男子】羽生66年ぶり五輪連覇 宇野が銀メダル

2018年02月17日 14時17分

2大会連続で金メダルを獲得した羽生

【韓国・江陵17日発】平昌五輪フィギュアスケート男子フリーで、ショートプログラム(SP)首位の羽生結弦(23=ANA)は206・17点、SPとの合計317・85点をマークし、金メダルを獲得した。男子フィギュアの連覇は66年ぶりの快挙。SP3位の宇野昌磨(20=トヨタ自動車)は202・73点を出し、合計306・90点で銀メダルに輝き、日本勢が金、銀を独占した。

 羽生は冒頭の4回転サルコー、4回転トーループを成功させると、4回転―3回転の連続ジャンプもきれいに決めた。後半、4回転ジャンプにミスが出るなどしたが、最後まで滑りきり、高々と拳を突き上げた。

 トップに立って控室で待っていた羽生は、続くハビエル・フェルナンデス(26=スペイン)、宇野の演技を見守り、宇野が自分の得点を超えなかったことを見た瞬間、涙を流した。

 宇野は冒頭の4回転ループで転倒したものの、その後は4回転フリップ、3回転ループをクリーンに着氷。後半のトリプルアクセル(3回転半)、4回転―2回転トーループのコンビネーションも成功させ、4回転トーループ、トリプルアクセルからの3回転フリップ、最後の3回転サルコー―3回転トーループのコンビネーションもなんとかこらえてフィニッシュした。

 キスアンドクライで得点を見ると、ややはにかんだ表情で、樋口美穂子コーチとともに銀メダルの喜びに浸った。

 SP2位のフェルナンデスが合計305・24点で銅メダル。欧州選手権6連覇しながら五輪では結果が出なかったが、悲願のメダル獲得を果たした。

 4位は金博洋(20=中国)。SPでまさかの17位に沈んだネーサン・チェン(18=米国)が五輪史上初めて5本の4回転ジャンプを跳び、5位に入った。