【フィギュア団体】日本4位でフリー進出 SP4位の宮原「応援して盛り上げたい」

2018年02月11日 13時25分

4位に入った宮原知子

【韓国・平昌11日発】平昌五輪フィギュアスケート団体女子ショートプログラム(SP)が行われ、宮原知子(19=関大)は68・95点で4位に入った。日本は7点を獲得し合計26点で4位となり、フリー進出を決めた。

 宮原は「点数的には少し悔しいが、大きなミスなくまとめられたので、チームのみんなにありがとうの気持ちでガッツポーズが出た。(坂本)花織ちゃんがフリーをしてくれるので、花織ちゃんの勢いで盛り上げてくれるので、応援して盛り上げたい」と話した。

 女子SPはエフゲニア・メドベージェワ(18=OAR)が81・06点の世界歴代最高得点で1位。カロリーナ・コストナー(31=イタリア)が75・10点で2位、ケイトリン・オズモンド(22=カナダ)が71・38点で3位と続いた。

 団体ではカナダ、OAR、米国 日本、イタリアの5チームがフリーに進出した。