【平昌五輪】宇野昌磨 初五輪も気負いなし「アジア大会と似たような雰囲気」

2018年02月07日 16時50分

笑顔を見せる宇野昌磨

 フィギュアスケート男子の宇野昌磨(20=トヨタ自動車)が7日、江陵アイスアリーナの本番リンクで初練習を行った。

 前夜に現地入りしたばかりだが「今日の練習はすごく良かった」と、軽快な動きで4回転ジャンプを次々に着氷。9日から始まる団体戦に向けても順調な調整ぶりを見せた。

 初の五輪にも「規模は違うけど、ユース五輪やアジア大会と似たような感じ」と特別な雰囲気は感じていない様子。「ID(身分証明)をなくしたらやばいなという危機感だけはあります(笑い)」とジョークで報道陣の笑いを誘った。