【平昌五輪】「羽生は100%の状態に戻る」コーチが断言

2018年02月06日 13時24分

 フィギュアスケート男子シングルの羽生結弦(23=ANA)を指導するブライアン・オーサーコーチ(56)が6日、平昌五輪会場の江陵アイスアリーナで取材に応じ「彼にとっては難しい決断だったが、私がアドバイスした」と団体戦欠場に至った経緯を説明した。

 ケガの原因となった4回転ルッツは跳んでいないものの「他のジャンプは跳んでいる。驚くほど回復している」。現在はスタミナ強化を課題に練習に取り組んでいるという。

 16日の男子ショートプログラムまで残された時間は10日。「私は100%の状態に戻ると思っているし、彼もそう思っている」。羽生は前回のソチ五輪の金メダリストで、男子シングルでは66年ぶりとなる五輪連覇がかかっている。