【フィギュア全日本選手権】本田真凜は「金色の鳥」で羽ばたけるか

2017年12月21日 16時30分

前日練習に臨んだ本田

 来年2月の平昌五輪代表の最終選考会を兼ねたフィギュアスケートの全日本選手権(21日開幕、東京・武蔵野の森総合スポーツプラザ)に出場する本田真凜(16=大阪・関大高)は自らデザインしたショートプログラム(SP)用の新衣装で公式練習に参加し「さりげなく背中に金色の鳥がいる。一緒に羽ばたきたい」と意欲的に語った。本命の宮原知子(19=関大)は軽快な動きで「休養を入れながら練習してきました」と余裕の表情を見せた。

 開会式後に行われた抽選でSPの滑走順は20番目に三原舞依(18=シスメックス)、26番目に樋口新葉(16=東京・日本橋女学館高)、27番目に宮原が決定。最終滑走の30番目を引いた本田は「(何か)やるとは思っていたけど、やったわ~」と笑みを浮かべた。