【フィギュアGPシリーズ・ロシア杯】羽生SP2位発進も余裕

2017年10月21日 16時30分

2位発進にもこの笑顔。ブライアン・オーサー・コーチ(右)も頼もしげ?(ロイター)

【ロシア・モスクワ20日発】まずまずのスタートだ。フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ・ロシア杯が開幕し、男子ショートプログラム(SP)に登場した羽生結弦(22=ANA)は94・85点で2位発進となった。

 羽生はSPの世界最高得点112・72点をマークした9月のオータム・クラシックからさらに難度を上げて今大会に臨んだ。冒頭のジャンプを4回転サルコーから、より基礎点の高い4回転ループに変更。回転不足で着氷し大きくバランスを崩したものの、なんとか踏ん張って転倒を免れた。ここからリズムを取り戻し、トリプルアクセル(3回転半ジャンプ)は完璧に決めたが、終盤に落とし穴があった。最後のジャンプとなる4回転―3回転の連続トーループで転倒。これが響き、得点は伸び悩んだ。

 演技後は苦笑いを浮かべつつも「わずかなほころびがミスにつながった。感覚的にはそんなに悪くない失敗をしている」と納得顔だ。体力的な不安もないという。実際、GPファイナルは4連覇中で、GPシリーズで圧倒的な強さを発揮している印象だが、初戦は7季連続でV逸とシーズン序盤は例年、苦戦している。平昌五輪シーズンの本格的な幕開けとはいえ、出足はこんなもの…といったところなのだろう。

 テーマは“挑戦”。SPで難度を上げたのに続き、21日のフリーでは初めて4回転ルッツを試合のプログラムに組み込む予定だ。4回転ルッツ、4回転フリップを着氷し100・54点で首位のネーサン・チェン(18=米国)とは5・69点差だが、羽生は「そんなに離れていない。悪いながらも手応えはあった」。大技を決め、苦手のGP初戦でライバルを逆転すれば、五輪連覇に向けてこれ以上ないシーズンのスタートとなる。