高梨沙羅がスロベニア合宿出発「キラキラ輝ける選手になりたい」

2017年09月22日 13時47分

合宿へ出発した高梨沙羅

 ノルディックスキー・ジャンプ女子の高梨沙羅(20=クラレ)が22日、羽田空港からスロベニア合宿へ出発した。

 夏場の締めくくりとなる合宿で「大事な合宿になる。内容の濃いものにして帰ってこれるようにしたい」と意欲を燃やした。また、21日にソウルで公開された平昌五輪のメダルデザインを目にすると「シンプルですね」と語り、食い入るように写真をのぞき込んだ。

 スポーツ界ではテニスの伊達公子さん(46)やゴルフの宮里藍さん(32)ら著名女性アスリートが相次いで引退した。すでに引退しているフィギュアスケートの浅田真央さん(26)を尊敬してやまない高梨は「人に影響を与えられる選手はひと握り。私もキラキラ輝ける選手になりたい」と発奮。報道陣から「今はキラキラしていないの?」と問われると「私はまだよどんでる…」と神妙に話し、五輪へ向け「もっと輝ける選手になりたい」と力を込めた。