高木竜に“新・勝利の女神”が!

2013年01月13日 16時00分

 中日の新人7選手が9日、ナゴヤ球場に隣接する合宿所「昇竜館」に入寮した。テレビカメラ6台、報道陣約50人が詰めかけたが、その中に紛れて、逆に新人らから熱視線を浴びたのがプロフィギュアスケーターの浅田舞(24)だ。

 浅田舞は、女子フィギュアスケート選手で五輪銀メダリストの浅田真央の姉。今回は地元・東海テレビ「スーパーニュース」で、7日から始まった新コーナー「舞(マイ)スポーツ」のキャスターとして現場に登場し、ドラフト1位・福谷浩司投手(22=慶大)ら3選手の単独インタビューなどを行った。浅田とのツーショット記念撮影をさせてもらったドラフト4位の杉山翔大捕手(21=早大)は「すごくきれいな方ですよね。昔からファンだったんです。この写真は宝物にします」と大感激だ。

 ナゴヤ球場に舞い下りたスポーツキャスター・浅田舞を目撃して、興奮したのは新人たちだけではない。この日、自主トレに訪れていたある若手選手は「どこの局のきれいな女子アナかと思ったら浅田舞だった。マジ、かわいいですね。ぜひ、ナゴヤドームにも取材に来てほしいですね」と目を輝かせる。別の先輩寮生は「僕も舞ちゃんからインタビューされてみたいですよ。そのためにも一軍で活躍しないといけない」と気合を入れ直したほどだ。

 竜ナインの心をわしづかみにした浅田舞。高木竜の“新・勝利の女神”候補にも急浮上だ。