樋口新葉 平昌五輪“3枠”獲得へ重圧「できる限り頑張りたい」

2017年03月26日 16時48分

出発した樋口新葉

 フィギュアスケートの世界選手権(29日開幕、フィンランド・ヘルシンキ)に出場する樋口新葉(16=日本橋女学館高)が26日、成田空港から出発した。

 日本女子のエース・宮原知子(19=関大)が左股関節の疲労骨折で欠場。2018年平昌五輪出場枠(最大3枠)は世界選手権の成績で決まるため、樋口らに大きなプレッシャーがかかる。「不安な気持ちはあるが、できる限り頑張りたい。今回は結果を求められると思うので結果を出したいが、気負いすぎてしまうとよくないので、何も考えず思い切り滑りたい」と抱負を語った。