【NHK杯】宮原知子2位でファイナル進出 優勝はポゴリラヤ

2016年11月26日 19時56分

「NHK杯」で2位に食い込んだ宮原知子(ロイター)

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ最終戦「NHK杯」女子フリー(26日、真駒内アイスアリーナ)で、ショートプログラム(SP)3位の宮原知子(18=関西大学)が133・80点(2位)と巻き返し、合計198・00点で2位に食い込んだ。優勝はSP、フリーともに1位のアンナ・ポゴリラヤ(18=ロシア)で210・86点だった。

 

 前日のSPで転倒があった宮原は「こういう形でフリーを迎える経験があまりなかったので不安だった」。緊張からか、3か所で回転不足を取られたが、大きなミスなく滑り切り「気持ちのコントロールができたという意味では80点」と手応えをつかんだ様子。昨年に続いてのGPファイナル(12月、フランス・マルセイユ)進出を決めた。

 

 SP5位の樋口新葉(15=日本橋女学館)は4位、SP6位の松田悠良(18=中京大中京高)は7位で大会を終えた。