【NHK杯】羽生 最高得点更新に自信「できる状態です」

2016年11月24日 21時51分

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ「NHK杯」(25日〜、真駒内アイスアリーナ)の前日会見が24日、札幌市内のホテルで行われ、羽生結弦(21=ANA)ら日本選手が顔を揃えた。

 昨年と同様、自身のGP初戦「スケートカナダ」2位から今大会を迎える羽生は「今年も最高得点を更新できる状態なのか?」を問われると「できる状態です」ときっぱり。会見に先立って行われた公式練習でも4回転ループを着氷するなど、好調ぶりをアピールした。

 一方、女子ではともに初戦3位の宮原知子(18=関西大学)、樋口新葉(15=日本橋女学館)が「GPファイナルに出たい」と声を揃えた。日本女子は過去15年連続でファイナル進出者を出しており、ここで歴史を途切れさせるわけにはいかない。