【フィギュアGP・スケートアメリカ】宇野昌磨 自己ベストで優勝!フリー初の「4回転3本」成功

2016年10月24日 11時25分

笑顔で表彰台に立った宇野(中)。左は2位のブラウン、右は3位のリッポン(ロイター)

【イリノイ州シカゴ23日(日本時間24日)発】フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ開幕戦、スケートアメリカ3日目が行われ、男子フリーでSP1位の宇野昌磨(18=中京大)が4回転ジャンプを3本とも成功させ、190・19点の高得点をマーク。自己ベストの合計279・34点でGPシリーズ2勝目を挙げた。

 心身充実する18歳のホープが、力強く華麗に舞った。ISU(国際スケート連盟)主催大会のフリーでは、初めて4回転ジャンプを3本成功させる圧巻の勝利だった。

 まず冒頭で、前日のSPでも決めた4回転フリップを鮮やかに決めた。昨年4月に世界で初めて成功させた大技だ。これで勢いに乗ると、次々と大技を連発して場内を魅了。続いて4回転トーループもしっかりと着氷してみせた。

 後半に入るとトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)で転倒するミスがあったものの、勢いは止まらない。今度は4回転トーループから2回転トーループの連続ジャンプを見事に成功させ、観客の大歓声を浴びた。

 タンゴの曲に乗った圧巻の演技でも魅了し、ステップもレベル4にそろえた。文句のつけようがない内容だ。昨年のGPファイナルでマークした276・79を上回る自己ベストの279・34点でGP2勝目を挙げた。

 とはいえ昨季優勝したフランス杯(昨年11月)はテロの影響により、SPのみの実施だった。SPとフリーの合計による大会形式では、今回が初勝利となる。シニア2年目のGPで最高のスタートを切れたのだから、喜びもひとしおだろう。しかも朝の公式練習、直前の6分間練習とも不調だったが「初めから120%の力で出しきろう」と思い切りよく臨んだことが大きな結果につながった。

「目指すところは完璧な演技。3連続ジャンプで大きな失敗をしたので少し悔しい」と宇野。それでも「シニアになって初めて自分の実力を出せて勝てたのだからうれしい」と笑顔を見せた。

「トップの中で戦える選手に、近いうちなれるよう頑張りたい」。ソチ五輪金メダリストの羽生結弦(21=ANA)と世界王者ハビエル・フェルナンデス(25=スペイン)の“2強”に大きく迫る勝利になったことは間違いない。