【フィギュアGP第1戦】浅田SP5位も前向き 三原は2位

2016年10月22日 12時00分

【イリノイ州シカゴ21日(日本時間22日)発】フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第1戦のスケートアメリカ第1日、女子ショートプログラム(SP)で浅田真央(26=中京大)は64・47点の5位と出遅れた。

 

 GPデビュー戦となる三原舞依(17=神戸ポートアイランドク)が、65・75点で日本勢で最上位となる2位。村上佳菜子(21=中京大)は47・87点で10位だった。69・50点のアシュリー・ワグナー(25)が首位。グレーシー・ゴールド(21=米国)が3位。

 

 左ヒザ痛を抱え、万全な調整ができないまま迎えたシーズン。代名詞のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を封印した演技を終えると浅田は「これが最高のレベルではないが、今できることをやったことには満足している」と穏やかに言った。

 

 この日は3回転フリップ―2回転ループの連続技でフリップが回転不足となる場面もあったが22日(日本時間23日)のフリーでは「『情熱的な女性』を滑りたい」と前向きに話した。