羽生結弦を超大物プロモーターが激賞「超越的なレベルで完全に異次元」

2022年07月06日 16時20分

絶賛された羽生結弦(東スポWeb)
絶賛された羽生結弦(東スポWeb)

 フィギュアスケート界の大物プロモーターとして知られるアリ・ザカリアン氏が、五輪2連覇の羽生結弦(27=ANA)を絶賛した。

 アルメニア出身の元スケーターで、エフゲニー・プルシェンコ氏のマネジメントや世界中のアイスショーを手がけるプロモーターとしても有名なザカリアン氏。ロシアメディア「スポーツエクスプレス」で、日本各地で開催され自身が手がけたアイスショー「ファンタジー・オン・アイス」を終えて感想を語った。

「すべてがうまくいった。フレンドリーなスケーターたちとみんな一緒にスケートをしたり、歩いたり、楽しんだり、問題はなかった。アリーナのサイズもまともであり、チケットは完売だった。ショーは全国の劇場で行われ、どこの会場でもヒットした」とショーの成功を強調した。

 なかでもザカリアン氏が印象に残ったというのが羽生の存在感だ。

「スーパースターはもちろん羽生結弦だ。実際、ファンタジー・オン・アイスは彼のためのショーだった。彼がどのように迎えられるか、彼が大衆とどのようにコミュニケーションを取るか。これは超越的なレベルであり、完全に異次元だった。彼はナンバーワンだ」と賛辞の言葉を並べてほめちぎった。

 ただスケーティングするだけでなく、観客と一体となって会場全体につくり出す空気感は唯一無二の格別な瞬間というわけだ。

 ロシアでは、ロシア人選手が国際大会やアイスショーから排除されていることで競技が衰退するとの意見も出ているが、ザカリアン氏は「日本のショーはロシア人選手なしでも完売だった。このことが何よりも指し示している」と指摘。羽生を始め各国にスター候補がおり、フィギュア界はロシア人選手の有無にかかわらず成長し続けるとの見解を示した。

 世界的な大物プロモーターの目から見ても、やはり羽生は超一流のようだ。

関連タグ: