ロシア&チェン不在の世界フィギュア 日本「金メダル3つ」の可能性も=露メディア

2022年03月23日 14時07分

金メダルの期待がかかる坂本(東スポWeb)
金メダルの期待がかかる坂本(東スポWeb)

 フィギュアスケートの世界選手権(23日開幕、フランス・モンペリエ)で日本の大躍進が予想される。

 今大会はウクライナ侵攻のロシアが除外された上に、男子シングルの絶対王者ネーサン・チェン(米国)も不参加。そのため国際スケート連盟(ISU)の公式サイトでは北京五輪で銀メダルを獲得した鍵山優真(オリエンタルバイオ・星槎)やアイスダンスで注目の〝かなだい〟こと村元哉中&高橋大輔(ともに関大KFSC)らの特集をトップページに掲載するなど日本スケーターを活躍を期待している。

 一方、ロシアメディア「チャンピオナット」は「ロシア出場停止は日本にとって有利に働く」との見出しで大会を展望。「女子も男子も、そしてペアでも明確な中心選手は日出ずる国の代表であろう」「日本が3つの金メダルを目指して戦う」とつづり、北京五輪女子銅メダルの坂本花織(シスメックス)、男子銀メダルの鍵山、銅メダルの宇野昌磨(トヨタ自動車)、ペアで成長著しい〝りくりゅう〟三浦璃来&木原龍一(ともに木下グループ)らが3つの種目で優勝する可能性に言及している。

 なお、同メディアは「史上最も退屈な大会」と表現し、ISUのロシア除外の制裁を批判している。

関連タグ: