〝羽生結弦ワード〟がトレンド上位独占! 「報われない努力」は流行語大賞候補か

2022年02月10日 16時17分

銀盤で華麗に舞う羽生結弦(東スポWeb)
銀盤で華麗に舞う羽生結弦(東スポWeb)

 早くも流行語大賞候補か。北京五輪のフィギュアスケート男子フリーが10日、首都体育館で行われ、3連覇を狙った羽生結弦(27=ANA)は冒頭で世界初のクワッドアクセル(4回転半ジャンプ)に挑戦。回転不足(アンダーローテーション)で失敗となったが、国際スケート連盟(ISU)公認大会でジャンプの種類として初めて認定された。

 演技直後からSNSは〝羽生ワード〟であふれ返った。ツイッターのトレンドは「羽生くん」「4回転半」「羽生の挑戦」「回転不足」など関連ワードが上位を独占。中でもテレビインタビューで発した言葉が大きくクローズアップされた。

 羽生は試合後、4回転半の失敗について「あれが僕のすべてかな」「2つのミスがあってこそ『天と地と』という物語」「報われない努力だったかもしれないですけど」とファンの心にしみる名言を連発。中でも「報われない努力」というワードは多くのSNSユーザーが引用し、拡散されていった。

 人一倍の努力を積んできた男の本音。重みを感じさせる言葉だけに、その雄姿とともに後世に残りそうだ。

関連タグ: