【フィギュア】これが〝王者の貫録〟宇野昌磨のエキシビションに歓喜の嵐「かっこいいなぁ!」

2021年11月14日 17時01分

エキシビションで王者の貫禄を見せた宇野(東スポWeb)
エキシビションで王者の貫禄を見せた宇野(東スポWeb)

 会場が〝王者の貫録〟に心を奪われた。 

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第4戦NHK杯(東京・代々木第1体育館)のエキシビションが14日に行われ、男子で3年ぶり2度目の優勝を飾った宇野昌磨(23=トヨタ自動車)が登場。マイケル・ジャクソンの名曲「Earth Song,History」のリズムに合わせ、4回転トーループ、トリプルアクセル(3回転半ジャンプ)などを着氷。ムーンウオークも披露し、ファンを魅了した。

 演技を終えると、ファンからの盛大な拍手でアンコールを受け、再びリンクイン。フリー「ボレロ」で切れ味抜群のステップを見せ、スタンディングオベーションでファンも余韻に浸った。

 SNS上でも「エキシビションもすごい良かった」「マイケルジャクソンかっこいいなぁ!」「やっぱりこのステップシークエンスカッコ良すぎるわ」などと歓喜の声が相次いでいる。

 エキシビション前の一夜明け会見では「ここを限界と決めずに、どんどん先を見据えて成長したい」と力強いコメントを残した宇野。ファンの期待は高まるばかりだ。

関連タグ:

ピックアップ