【フィギュア】坂本花織 北京の地で猛省「今のままだとダメ」体力強化でリベンジ誓う

2021年10月15日 21時18分

坂本花織
坂本花織

 フィギュアスケート・アジアンオープントロフィー女子フリー(15日、北京)、2022年北京五輪のテスト大会を兼ねて行われ、ショートプログラム(SP)首位発進の18年平昌五輪代表・坂本花織(21=シスメックス)はジャンプに精彩を欠き、125・58点で合計202・28点の2位に終わった。SP2位の三原舞依(22=シスメックス)は、135・75点をマーク。合計点203・58点で逆転優勝を果たした。

 課題の残る一戦となった。北京五輪に向けて高難度のプログラム「No More Fight Left In Me」を演じた坂本だったが、後半のダブルアクセルで転倒するなど、ミスが目立った。演技後には「今日は体力のなさがすごい表れた。やっぱりあのプログラムを最後まで滑り切るには、心肺機能を鍛えないといけないと改めて思った。走り込みを改めてしないといけない」と反省の弁を口にした。

 今大会は北京五輪の本番会場で開催。「滑りやすくて、会場もすごい広くて、明るくて、いい感じだった」と好印象を述べた一方で「今のままだとダメだと思った」と厳しい現実を突きつけられた。

 とはいえ、まだ時間は残されている。「普段の練習で自分に甘くなってしまうとこういう結果になってしまう。それを何とか改善しないといけない」と決意を新たにした坂本。体力面を強化し、まずは2大会連続の五輪切符を勝ち取る。

関連タグ: