<フィギュア全日本選手権>羽生を追う強力包囲網

2014年12月27日 16時00分

笑顔でSPの演技を終えた羽生に観客は総立ち

“ゆづる包囲網”か。フィギュアスケートの全日本選手権初日(26日、長野・ビッグハット)の男子ショートプログラム(SP)で、ソチ五輪金メダリストの羽生結弦(20=ANA)は3回転ルッツでミスが出たものの、94・36点で首位発進した。SP100点超えを果たせず大爆発といかなかったなか、国内のライバルが台頭。2015年に向け、絶対王者も気が抜けない状況になってきた。

 

 羽生は冒頭の4回転トーループを成功させ、その後も流れのある演技で観客を魅了した。トリプルアクセル(3回転半ジャンプ)も決めたが、課題に挙げていた最後の3回転ルッツからの連続ジャンプでミス。ルッツで大きく軸が曲がった。お手つきは回避したが、バランスを崩し2つ目が2回転トーループに。

 

 全日本は例年得点が高くなる傾向があり、昨年大会で出した驚異の高得点103・10点超えが期待されていた。この日の得点は絶対王者にとって“普通”の成績で、不本意だったはず。一方で注目を集めたのは、町田樹(24=関大)や宇野昌磨(17=愛知・中京大中京高)らライバルだ。町田は90・16点で2位、ジュニアグランプリファイナルで優勝した宇野は85・53点で3位につけた。

 

“氷上の哲学者”町田は羽生追撃の1番手。「昨季から結果を出し、世界トップクラスだが、経験を増やしさらに良くなっている。羽生にとってもいい刺激になっていると思う」(日本スケート連盟関係者)。その町田は全力の演技で感極まり、涙まで浮かべた。「日本中のみならず、世界の方が見てくれていると思う。『年末は第九を見に来てくれ!』と発したのは生半可な気持ちではない。全身全霊で演技する」とフリー(27日)どころか来年に向けても爆発しそうな勢いだ。

 

「天才少年」と名高い宇野は羽生と3歳しか違わない。この日の高得点にも「満足いかないところも多かったので、フリーに向け修正したい。表現しきれていないところもある」と自らに厳しかった。今後の成長を考えれば末恐ろしい存在だ。

 

 全日本では全選手が打倒・羽生を掲げているといっても過言ではなく、この“ゆづる包囲網”は来年、さらには2018平昌五輪まで続くのは間違いない。「独特の緊張感があった。久しぶりにSPの前に笑えなかった」という絶対王者だが、その座をいつまでキープできるか。来年も大きな注目を集めそうだ。