羽生の強行出場は「危険な賭け」 左脚に重大危機

2014年11月27日 10時00分

強行出場を決めた羽生

 フィギュアスケートGPシリーズ第3戦・中国杯で中国選手と衝突し負傷したソチ五輪金メダルの羽生結弦(19=ANA)が、最終戦NHK杯(28日開幕、大阪・なみはやドーム)に出場することが26日決まった。羽生はこの日の非公式練習に参加し、難易度の高いジャンプを成功させたという。ただ、中国杯では頭部や左大腿部など5か所の負傷で全治2~3週間の診断を受けた身。強行軍は「危険な賭け」になる可能性をはらんでおり、さらなる波紋を呼びそうだ。

 羽生は今月上旬の中国杯、フリー演技前の6分間練習中に閻涵(エン・カン=18、中国)と激しく衝突し、流血して倒れ込んだ。ふらふらになりながらも出場を志願し2位に。だが9日に車いす姿で帰国し都内で精密検査を受けたところ、頭部や左大腿部など5か所の負傷で全治2~3週間と診断された。

 中国杯で脳振とうの危険性がありながらも強行出場した際には「感動した」との声が上がった一方で「出場を取りやめるべきだった」「誰かが止めるべきだった」との意見もあった。それでも、中国杯直後から強くNHK杯出場を希望していた羽生の意向が勝ったようだ。また、本紙既報通り「誰も止められないのか?」という議論が起こりそうだが「さすがに彼もシニアの大会を何度も経験している選手。本当に無理な状態なら、周囲のアドバイスを聞いて出ないでしょう」(あるフィギュアスケートコーチ)と、本当に状態が良くなっている…とみる向きもある。

 とはいえ、今回の強行出場が危険な選択になる可能性は否定できない。フィギュアスケート関係者が指摘する。「一番怖いのは、頭部よりも左大腿部でしょう。フィギュアスケートは相当、筋肉に負荷がかかるスポーツ。治り切る前に無理をして、また肉離れを起こせばクセになってしまう。そうなると今季だけの問題ではなくなる」

 今季はただでさえ腰痛に苦しみ、始動戦に予定した10月のフィンランディア杯を欠場している。衝突による太ももの故障が慢性化してしまえば、今後の競技生活を大きく左右する危険性もあるというのだ。

 NHK杯の順位次第で12月のGPファイナル(スペイン)出場が決まる。昨シーズンはGPファイナル、ソチ五輪、世界選手権とすべてのタイトルを獲得し、世界の頂点に君臨した。実力では頭一つ抜け出していると言っても過言ではないが、羽生はこれに満足せず「五輪王者らしい結果と演技をしっかり印象づけたい」と話している。今季も新たな気持ちで高い目標に挑む若き王者の強気が、裏目に出なければいいのだが…。