“スペインの貴公子”と交際宣言 安藤美姫「結婚願望」の波紋

2014年11月26日 16時00分

インスタグラムに投稿されたフェルナンデスと安藤さんのハグ写真(インスタグラムから@javiersk8r)

 世界選手権を2度制した元フィギュアスケート選手の安藤美姫さん(26)が26日、画像共有アプリ「インスタグラム」に男子フィギュアのトップスケーター、ハビエル・フェルナンデス(23=スペイン)と抱き合う写真を投稿し、交際を明らかにした。2人の熱愛は10月に女性誌で報じられている。投稿には結婚を示唆するメッセージも添えられており、1児の母・安藤さんの“恋多き女性”ぶりが浮かび上がった。

 向かって左に位置するフェルナンデスの左肩に右頬を寄せ、白い歯をのぞかせる安藤さん。先週公表されて衝撃を呼んだメジャーリーグのダルビッシュ有投手(28=レンジャーズ)とレスリングの元世界女王・山本聖子さん(34)のツーショット写真とよく似た構図のラブラブ写真で、またもスポーツ界の著名カップルが交際宣言した。

 2人をめぐっては「女性自身」10月28日号がキス写真を掲載したが、同誌には安藤さんの事務所による「恋愛関係では現在ありません。キスは、別れ際の挨拶」とのコメントも掲載されていた。

 それから1か月余りが経過しての恋愛宣言。のみならず、「美姫とハビエルより」としたメッセージには「私達はお互い【愛】と【家庭】を築きあげていきたいと思いました」と、結婚もしくは事実婚を望んでいると受け止められる一文もあった。文章は日本語と英語でつづられている。「まだお付き合いさせて頂いたばかり」ながら、かなり踏み込んだ表現だ。

 インスタグラムにはファンから「素敵なお二人です」「娘さんと幸せになってください」といった祝福の書き込みも相次いだ。すでに噂になっていたためか、驚きというよりはお祝いメッセージ一色になっている。フェルナンデスも自身のインスタグラムに同じ写真と文章を載せた。

 カナダ・ロンドンで行われた2012―13年シーズンの世界選手権で3位になり、スペイン初の世界選手権メダリストになったフェルナンデス。今年2月のソチ五輪では4位だった。11年ごろまで、かつて安藤さんも師事したニコライ・モロゾフ氏(38)の指導を受けていたというから、モロゾフ氏との師弟関係という共通点がある。そうでなくとも、フィギュアのトップ選手はエキシビションを含めて国際大会で顔を合わすことが多いだけに、接点はいくらでもあるに違いない。

 2人にとって師匠筋にあたるモロゾフ氏と安藤さんは恋愛関係にあり、同氏は結婚を考えた時期もあったと過去に日本のメディアに明かした。安藤さんとの師弟関係は12年春ごろに解消。個人的にも“破局”したと騒がれた。

 日本スケート連盟の強化指定選手から外れていた昨年7月にテレビ朝日の報道番組で、同年4月に女児を出産していたことを告白。父親を明かさなかったため、男子フィギュアの日本人プロスケーターらの名前が取り沙汰されるも、本人は固く口を閉ざしてきた。

 そして今回の交際&結婚への意思表明。「ひまわり」と名づけた娘とともにフェルナンデスと家庭を築くとなると、日本国外で暮らす可能性も出てくる。ソチ五輪金メダリスト羽生結弦(19=ANA)と同じブライアン・オーサー氏(52)の指導を受ける現在、フェルナンデスの拠点となるのはオーサー氏がいるカナダ、あるいは自身の母国スペイン。それとも母子の生活を重視して自らが日本在住を決断するのか。

 安藤さんは来年1月16日、国際スケート連盟公認で五輪や世界選手権など主要大会のメダリストが争う「メダル・ウィナーズ・オープン」(東京・代々木第一体育館)で、1日限りの“現役復帰”を果たす。