羽生結弦 全治2~3週間と診断

2014年11月10日 15時56分

 8日に中国・上海で行われた、フィギュアスケートのグランプリシリーズ第3戦・中国杯のフリー演技前の6分間練習で、中国選手と衝突して負傷した羽生結弦(19=ANA)が10日、都内の病院で精密検査を受け、全治2~3週間と診断された。日本スケート連盟が同日、発表した。羽生は頭部と下顎の挫創、腹部と左大腿の挫傷、及び右足関節捻挫と診断された。