フィギュア羽生結弦「流血」2位 瞬間最高31・8%

2014年11月10日 11時37分

 8日にテレビ朝日系で放送されたフィギュアスケートGPシリーズ第3戦・中国杯の関東地区の平均視聴率が20・2%だったことが10日、ビデオリサーチの調べでわかった。


 瞬間最高視聴率は31・8%で、優勝したロシア選手の得点が発表され、ソチ五輪金メダリストの羽生結弦(19=ANA)の2位が確定した瞬間だった。


 羽生は直前の6分間練習で中国選手と激突し、流血するアクシデントに見舞われたが、治療を受けて演技に臨んだ。


 7日のショートプログラムの平均視聴率は15・0%だった。