羽生に中国女性ファンがメロメロ

2014年11月06日 16時00分

現地でも熱い視線が注がれている羽生

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第3戦中国杯(7日開幕、上海)に出場するソチ五輪男子金メダリストの羽生結弦(19=ANA)に、現地でも熱い視線が注がれている。

 

 今季初戦として予定していた10月のフィンランディア杯を腰痛のため回避し、満を持してGP戦に臨む。本格的なフィギュアシーズン到来を前に、日本国内ではテレビCMに頻繁に登場。写真集も発売され好調な売れ行きを見せるなど、“ゆづくん人気”は健在だ。

 

 人気は日本だけにとどまらない。4日に上海入りした羽生を、中国人女性ファンが待ち受け黄色い声援を送った。「予想外だったけどうれしかった」と羽生自身も驚いた様子だったが、ソチ五輪の活躍で日本人のみならず中国人女性のハートもガッチリつかんだ。

 

 中国の大手検索サイト「百度」の掲示板には羽生板があり、現在までに20万件近い書き込みがなされている。羽生のことを「二郎」や「柚子」などと独特の愛称で呼び、羽生の写真集や雑誌などもすべてチェック済み。「中国杯が待ちきれない」「誰か、インタビューを翻訳して!」などと熱い思いが書き込まれている。羽生のGP戦初戦が中国になり、地元ファンは何より喜んでいるはずだ。

 

 GP戦は第1戦のスケートアメリカで町田樹(24=関大)が、第2戦のスケートカナダで無良崇人(23=HIROTA)が優勝と日本勢が絶好調。羽生もエースの実力を披露したいところだ。