【体操】寺本 初V王手

2014年05月11日 09時00分

 体操の世界選手権(10月、中国・南寧)の代表選考を兼ねた全日本選手権2日目(10日、東京・国立代々木競技場第1体育館)、女子予選が行われ寺本明日香(18=中京大)が合計55・750点で首位発進し、悲願の初優勝に王手をかけた。

 寺本は種目別段違い平行棒でトップに立つなど好調。2連覇を目指す2位の笹田夏実(18=日体大)を3種目で上回り、安定した力を示した。4月のW杯東京大会で苦しんだ左足首の負傷が回復。「W杯の時より本当に調子は上がった。いっぱい練習してきたので余裕を持って演技できました」と笑顔をみせた。

 ただ、女子は予選の得点は代表選考には影響しないため、まだ喜び半分だ。今日11日の決勝は同学年のライバル、笹田との一騎打ちが濃厚で「なっちゃんもきれいにまとめて安定している。明日は同じ班で回ることも楽しんで、どれだけ自分の演技ができるかが勝負」と気を引き締めた。

 中京大に入学し、学生生活もエンジョイ。「真央ちゃんとか佳菜ちゃんとスレ違った」と先輩の浅田真央(23)や村上佳菜子(19)の姿にはしゃぐ寺本が、いよいよ女子体操界の頂点取りに挑む。