羽生結弦 フリーは戦国武将・上杉謙信をイメージ「価値観ちょっと似ているのかなと思って」

2020年12月26日 22時20分

215・83点の高得点をたたき出した羽生(代表撮影)

 フィギュアスケートの全日本選手権2日目(26日、長野・ビッグハット)、男子フリーが行われ、五輪2連覇の羽生結弦(26=ANA)は215・83点の高得点をマーク。ショートプログラム(SP)との合計319・36点で、5年ぶり5度目の優勝を果たした。

 フリーのテーマは「天と地と」。戦国武将の上杉謙信がモチーフの曲を選んだ背景には、王者ならではの苦悩があった。

 昨年、全日本、GPファイナルで頂点を逃し「なかなか自分が成長してないんじゃないかなとか、戦えなくなっているんじゃないかなという思いがあり、戦うのに疲れたなと思った」と人知れず悩んだ時期があったという。

「でも辞めることはいつでもできるし、応援して下さる方々はたくさんいる。試合のなかで得られる達成感があるからこそ、乗り越えることができる苦しみが好きなんだなと思えた。謙信公の中にある戦いへの考え方だったり、美学、葛藤から最後は出家させていると思うのですが、謙信公の価値観とちょっと似ているのかなと思って、それをリンクさせながら演じました」。自分の姿を重ね、戦国武将を演じきった。