浅田真央を姉・舞が「浮いた話がない」と心配

2014年04月08日 17時19分

「浅田真央23年の軌跡展」のオープニングセレモニーに出席した浅田舞

 フィギュアスケート女子・浅田真央(23=中京大)の活躍を紹介する「浅田真央23年の軌跡展」が8日、東京・中央区の日本橋高島屋で始まり、オープニングセレモニーに姉の浅田舞(25)が出席。「ハーフ・ハーフ」と保留している真央の進退について言及した。

 

 舞は「皆さんと同じように、いちファンとしては競技での真央選手をまだまだ見たいなという気持ちはある」とした上で、こう続けた。

 

「いいこともたくさんあったんですけど、その半面、お姉ちゃんとしては(故障などで)大変だった時期を近くで見ているので。そう簡単には『頑張りなよ』とは言えない。これからの人生のほうが長いので、すてきな人生になれる道を選んでほしい」

 

 一方で、これまで競技生活に没頭していた真央に“恋愛のススメ”も。「あまりにも浮いた話がないので、ちょっと心配になる点もある。今までは忙しくてそんな時間もなかったと思うので、心の余裕があるなら女の子としてそういうのもいいんじゃないかな」と笑顔で話した。