因縁の森元首相が真央の現役続行を希望?

2014年04月01日 16時00分

浅田真央(右)と森喜朗

 森喜朗元首相(76)が、先のフィギュアスケート世界選手権で優勝した浅田真央(23=中京大)の現役続行を望んだ?

 

 31日、森氏は会長を務める日本トップリーグ連携機構(団体球技競技リーグの組織)の社員総会に出席。フィギュア世界選手権の感想を聞かれると「ボールゲーム(についての話)じゃ、ないじゃない」とポツリ。それでも止まらず「(男女で)優勝してすばらしいね。でも2、3位は(外国勢に)取られちゃったじゃない。『フィフティー・フィフティー』とおっしゃってるけど、続けてもらえたらありがたいね」。

 

 真央が主語ではなく「ハーフ・ハーフ」とも言わなかったが、後半部分は明らかに、進退に揺れる真央に現役続行を促すメッセージ。やはり、物議を醸した「あの子、大事なときには必ず転ぶ」発言を後悔しているのかも…。