【フィギュア】アイスダンス高橋大輔 デビュー戦の高評価「予想以上に多かった」

2020年12月10日 20時24分

囲み取材を受ける高橋(右)と村元(代表撮影)

 フィギュアスケートのアイスダンス〝かなだい〟こと高橋大輔(34=関大KFSC)、平昌五輪代表・村元哉中(27=同)組が10日、実戦デビューとなった先月のNH杯(大阪・東和薬品ラクタブドーム)の感想を改めて口にした。

 この日〝かなだい〟は千葉・船橋市に誕生した通年型アイススケートリンク「三井不動産アイスパーク船橋」のオープン祝賀イベントに参加。その後、取材に応じた2人は、3組中3位に終わったデビュー戦が想像以上の高評価だったことを明かした。高橋は「自分たちの中では満足していなかった」というものの「すてきな雰囲気で滑ってくれたっていうコメントが予想以上に多かったと思います。褒めてもらったコメントとの温度差がありました」と明かした。

 一方、村元は「足で音楽で表現ができているという感想がありました」と喜んだ。また「短期間でアイスダンスの技を習得した大ちゃんが素晴らしいとか、今後のスケート界にもっと光を与えてくれるとか、ホントにうれしいコメントばっかり」と明かした上で「アイスダンスに来てくれてありがとう!って思いました」とニッコリ。その横で高橋は「まだまだですけど」と照れ笑いを浮かべた。