【フィギュア】柔道五輪金・谷本歩実氏が新理事に就任 羽生、紀平に金メダリストの知見を注入 

2020年09月22日 17時55分

谷本歩実氏

 黄金時代構築への第一歩となるか。日本スケート連盟は22日、都内で理事会と評議員会を開催し、柔道女子63キロ級で夏季五輪2大会連続金メダルの谷本歩実氏(39)を新理事に選出した。

 谷本とスケート選手の交流は日本オリンピック委員会(JOC)の講義であったというが、連盟の一員として直接指導に携わるのは今回が初めて。それでも「引退してからいろいろな部分で分析をしてきた。なぜその結果にたどりついたのか。心理であり、栄養であり、フィジカルであり、いろんな分野をやってきた。そういったものを現場に届けられるように。違った競技だがそういう風に思っている」と決意を口にした。

 日本のフィギュア界には、五輪2連覇中・羽生結弦(25=ANA)や2018年グランプリ(GP)ファイナル覇者・紀平梨花(18=N高東京)など注目選手が揃っている。22年冬季北京五輪でのメダルラッシュへ向け、世界を知る谷本の存在は大きなプラスになりそうだ。