美姫訴訟ちらつかせゴリ押し復帰 テレ朝も暗躍

2013年09月28日 11時00分

 フィギュアスケートのネーベルホルン杯(26日、ドイツ・オーベルストドルフ)で元世界女王の安藤美姫(25=新横浜プリンスクラブ)が約2年ぶりに復帰。女子ショートプログラム(SP)ではほぼミスのない演技を見せ、59・79点で2位につけた。今回の“掟破り”の出場に関して本紙は国際スケート連盟(ISU)との蜜月関係があったことを報じたが、舞台裏ではさらなる“禁じ手”を使っていたという。安藤サイドの暴走はまだまだ続くのか。

 

 

 愛娘ひまわりちゃんの前で、美姫ママが「マイ・ウェイ」に合わせて氷上を舞った。3回転ルッツ―2回転トーループの連続ジャンプでは2つ目が回転不足となったものの、単独の3回転ループ、ダブルアクセル(2回転半)は成功させた。技術点は30・13点。ISUが五輪出場の条件として定めたSPの最低技術点20点を軽々と上回った。


 安藤は「衣装を着てメークをしてリンクに立つと、どうなるかと思うぐらい緊張した。大きなミスなく終われたのはすごく良かった。ほっとした」と目に涙を浮かべた。


 2011年10月の「ジャパン・オープン」を最後に休養し、今年4月に女児を出産。父親を明かさなかったことで大騒動に発展した。フィギュア界の話題を独り占めしたなかでの国際大会復帰。


 ただ、日本スケート連盟による強化指定選手から外れていたため、本来なら国際大会出場には10月の関東選手権、11月の東日本選手権出場と“手続き”を踏み強化指定を受けなければならなかった。無理筋を通せた裏にはISUとの蜜月関係があったことは本紙19日付紙面で報じたが、安藤サイドは他にも国際大会出場へ“禁じ手”を連発していたという。