【フィギュア】アイスダンス元五輪代表クリス・リードさん 30歳で心臓突然死

2020年03月17日 18時23分

亡くなったクリス・リードさん(18年の平昌五輪。パートナーは村元哉中)

 フィギュアスケートのアイスダンス日本代表だったクリス・リードさんが、15日に米ミシガン州デトロイトで死去した。30歳だった。現役時代に所属した「木下グループ」が17日に発表した。心臓突然死だったという。

 父が米国人、母が日本人で、姉のキャシーさんとのペアで活躍。2010年バンクーバー、14年ソチ、18年平昌(パートナーは村元哉中)の冬季五輪3大会に出場した。平昌五輪ではアイスダンス日本歴代最高の15位に入り、全日本選手権は10度優勝。昨年大みそかに現役引退を発表していた。