【フィギュア全日本】紀平梨花「眠いです」4回転サルコー一度も着氷できず

2019年12月20日 18時01分

公式練習を行う紀平

 フィギュアスケート・全日本選手権2日目(20日、東京・国立代々木競技場)21日に行われる女子フリーに向け、紀平梨花(17=関大KFSC)が公式練習に参加した。

 前日のショートプログラム(SP)では73・98点をマークし堂々の首位発進を見せたが、演技終了時間が遅かったことから「今日は眠たいです。2時半に寝て、6時半に起きました(笑い)」と告白。そのせいか、前日まで「何があっても入れるつもり」と意気込んでいた4回転サルコーには、10度以上挑戦しながらも、一度も着氷することができなかった。

 昨季はグランプリ(GP)ファイナルを制しながらも、今季は複数の4回転ジャンプを得意とするロシア勢に苦戦。世界で勝つためには、4回転が必要不可欠になりつつあるだけに、4回転への思いは人一倍強い。フリーでの投入については「調子が良くなったらいけそう。先生と相談して決めたい」と話した。

 紀平の目標はあくまで世界選手権で勝つこと。そのためには、世界選手権の予選を兼ねた今大会で確実に切符をつかむ必要がある。全日本選手権には過去2回出場しているが、まだ日本一には縁がない。優勝して来年に向けて弾みをつけたいだけに、どのような選択をするのか注目される。