【フィギュアGPファイナル】紀平まさかのSP最下位 コストルナヤ世界最高点で首位

2019年12月07日 07時39分

紀平はまさかのSP6位(ロイター)

【イタリア・トリノ6日(日本時間7日)発】フィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナルの女子ショートプログラム(SP)が行われ、昨年覇者の紀平梨花(17=関大KFSC)はジャンプでミスを連発して自己ベストを大きく下回る70・71点。日本期待の女子エースは、なんと6人中最下位の6位発進となり、連覇は極めて厳しい状況になった。

 冒頭のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)の着氷で乱れ、続く連続ジャンプの2本目で転倒。スピンでレベルを取りこぼすミスもあり、完璧にはほど遠い内容となった。

 一方、紀平の連覇を阻む最強ロシア勢は順調だ。今季シニアデビューした“ロシア三人娘”の一人、NHK杯覇者のアリョーナ・コストルナヤ(16)は1番滑走で登場。3回転半ジャンプを含む全てのジャンプを華麗に決め、自身が持つSP世界最高点を更新する85・45をマークして首位。平昌五輪金メダルのアリーナ・ザギトワ(17=ロシア)が79・60点で2位、アンナ・シュルバコワ(15=同)が78・27点で3位と続き、ロシア勢が上位を独占した。

 なお、スケートカナダ、ロシア杯を優勝した怪物ルーキーのアレクサンドラ・トルソワ(15=同)は初挑戦の3回転半ジャンプを失敗して71・45点の5位と出遅れたが、フリーは4種類の4回転を組み込む異次元プログラムだけに大逆転の可能性を残す。逆に紀平は公式戦初の4回転ジャンプ(サルコー)を入れたと仮定しても劣勢。SPで少しでもリードしておきたかっただけに、最下位は痛恨だ。