【世界国別対抗戦】宇野を直撃 5回転ジャンプ挑戦ブチ上げ

2019年04月13日 16時30分

ジャンプミスで転倒する宇野

 果たして可能なのだろうか――。フィギュアスケートの今季最終戦「世界国別対抗戦」(マリンメッセ福岡)は12日に男子フリーが行われ、宇野昌磨(21=トヨタ自動車)が世界初となる連続ジャンプ、トリプルアクセル(3回転半)―4回転トーループに失敗。189・46点で3位となったが、直後に人類初の「5回転ジャンプ」への挑戦をブチ上げた。真意を探るべく本人を直撃すると、まさに“人類の夢”を口にした。

 本番直前の6分間練習で、宇野はトリプルアクセル―4回転トーループの大技に成功。歴史的瞬間が現実味を帯び、ファンは固唾をのんで本番を見守ったが、後半の4回転で転倒して偉業を逃した。

 宇野は「明らかに体力不足でした」と反省した上で「何年もかけて自分の武器にしたい」と継続することを宣言。さらに「ケガをするから4回転以上のジャンプをやらないと言ってきたけど、それ以上のジャンプも視野に入れたい。4回転半はボクに向いていない。だからルール的にあるのか知らないですけど、トーループが回り過ぎるので…」。報道陣から「5回転ということか」と問われると「あまり公言したくないですが…」と前置きし「練習はしていきたいと思う」と人類初の5回転ジャンプ挑戦をほのめかしたのだ。

 今回も敗れた世界選手権王者のネーサン・チェン(19=米国)、負傷で欠場した五輪2連覇の羽生結弦(24=ANA)らトップスケーターに来季は必ず勝つ――。その思いで5回転への夢を描いたのだろう。特にクワッドアクセル(4回転半ジャンプ)の挑戦を明言する羽生への強烈なライバル意識も垣間見える。

 この仰天発言で報道陣が騒然となる中で、本紙は宿舎に戻るバスへ乗り込む前の宇野を直撃。「物理的に可能なのか」との問いに、宇野はニヤリとしてこう言った。

「分からないですね。なにせ練習でも一度もやったことないので。だって『空を飛べますか』って聞かれて、いけるんじゃないですか! なんて言えない…。まだ、そんな感じなんですよ」

 宇野にとっての5回転ジャンプは「空を飛ぶ」と同義語ということ。これは不可能と解釈するより、まさにライト兄弟が実現させた「人類の夢」と取るべきだろう。懸念されるケガのリスクについても「世界選手権が終わって練習をやり続けても意外と大丈夫なんです」といい、夢の挑戦について「明日すぐに練習するかは分かりませんが、まずやってみて様子をみます」と目を輝かせた。

 5回転ジャンプ挑戦にはフィギュア関係者から様々な意見がある。以前、日本スケート連盟・伊東秀仁フィギュア委員長(57)は「夢のある話だが、人間の体が壊れちゃう。フィギュアはジャンプの回転数を競うものではない。美しさを追求する一つの作品です」と本紙に語っている。

 賛否こそあるが、平昌五輪銀メダリストが新たな一歩を踏み出そうとしているのは事実。フィギュア界の時計の針を一気に進めることになるかもしれない。