【NBA】ウィザーズ2連敗 八村は11得点 ウエストブルックはポップコーン投げつけられ激怒

2021年05月27日 12時25分

審判の判定に不満を唱えるウエストブルック(ロイター=USA-TODAY)

 26日(日本時間27日)の米プロバスケットNBAでワシントン・ウィザーズは敵地でのプレーオフ1回戦の第2戦を行い、フィラデルフィア・セブンティシクサーズに95―120で完敗し、2連敗となった。八村塁(23)は25分50秒出場して11得点と7リバウンドだった。

 ウィザーズは第1クオーター(Q)の開始32秒、チームの最初の攻撃で八村にシュートを打たせ、ジョエル・エンビード(27)の厳しいマークを受けながらも、これを確実に決める。

 だが八村は直後にファウル。残り7分41秒にも2回目のファウルを取られベンチに下がらざるを得なくなる。

 ウィザーズはこの時点では12―11とリードしていたのが、第1Qで24―35のビハインドに。前半終了時点では57―71とリードを許す展開になってしまう。

 前半6得点の八村は第3Qの残り4分56秒に右コーナーからスリーポイントシュートを決める。だがこの日のウィザーズはスリーポイントシュートの成功率がわずか9%(22本中2本)と低迷。シューターのダービス・ベルターンス(28)は4本すべて失敗させ、無得点で6ファウルの退場となった。

 さらにラッセル・ウエストブルック(32)は第4Qに足首を痛めてロッカーに引き上げる際に、観客からポップコーンを投げつけられて激高するなど、散々だった。

 プレーオフは4戦先勝方式。第3戦はウィザーズのホームに場所を移し、29日(日本時間30日)に行われる。

関連タグ: