【NBA】ウィザーズはプレーオフ1回戦の初戦惜敗 八村塁は12得点

2021年05月24日 07時16分

第3Qにダンクを決めた八村(ロイター=USA TODAY)

 23日(日本時間24日)の米プロバスケットNBAプレーオフ1回戦で、東地区8位のワシントン・ウィザーズは同1位のフィラデルフィア・セブンティシクサーズに118―125で敗れた。八村塁(23)は36分8秒出場して12得点と5リバウンドだった。プレーオフは4戦先勝方式で、第2戦は26日(日本時間27日)に行われる。

 序盤からシクサーズがリードする展開となった試合で八村は第1クオーター(Q)の2分過ぎに2度シュートを打つものの、トバイアス・ハリス(28)やジョエル・エンビード(27)の厳しいマークで決めることができない。

 初得点は第2Qの残り9分2秒。ドライブからのジャンプシュートを決めると、8分25秒にはペイント内でジャンプシュートを決めて36―37の1点差に迫る。

 第3Qには残り7分38秒に速攻からダンクを決めて、ウィザーズが74―72とリードする。

 だが今シーズンウィザーズに3戦全勝のシクサーズはこの後リードを奪う展開となり、八村は第4Qに2本のスリーポイントシュートを決めたものの、勝利につなげることはできなかった。

関連タグ: