【NBA】ウィザーズがプレーイン進出決定 八村塁は14得点

2021年05月15日 13時16分

ダンクシュートを狙う八村(ロイター=USA TODAY)

 14日(日本時間15日)の米プロバスケットNBAでワシントン・ウィザーズはクリーブランド・キャバリアーズに120―105で勝利。東地区の10位以内が確定して「プレーイン」進出を決めた。八村塁(23)は34分9秒出場して14得点、3リバウンドだった。

 八村は第1クオーター(Q)の開始2分でレイアップを決めて初得点を挙げると前半で6得点。58―56とリードして始まった第3Qは3本のシュートをすべて成功させて、点差を15点に広げることに貢献した。

 通常のシーズンだと東西両地区の上位8チームがプレーオフ進出となるのが、今シーズンは上位6チームずつが自動進出し、7~10位は「プレーイン」を行ってプレーオフ進出を決めるフォーマットになった。

 ウィザーズは16日(日本時間17日)にレギュラーシーズン最終戦のシャーロット・ホーネッツ戦を行い、その後「プレーイン」に臨むことになる。

 またトロント・ラプターズはダラス・マーベリックスに110―114で敗れた。前日のシカゴ・ブルズ戦で右足首を痛めて途中退場した渡辺雄太(26)は出場しなかった。

関連タグ: