【NBA】八村塁が5試合ぶり復帰で13得点

2021年04月27日 15時02分

5試合ぶりの復帰戦でダンクを決める八村(ロイター)

 26日(日本時間27日)の米プロバスケットNBAでワシントン・ウィザーズの八村塁(23)は5試合ぶりに復帰。スタメンで31分41秒プレーして、13得点、6リバウンドだった。チームは延長でサンアントニオ・スパーズに敗れた。

 左ひざ痛から復帰した八村は第1クオーター(Q)の開始早々に得意のジャンプシュートを決める。第2Qはゴール下で反則を誘って得たフリースローを2本決めた。

 第3Qには、ドライブから左手でダンク。第4Qは残り2分14秒にスリーポイントシュートを決めて127―127の同点に追いつく。

 その後も一進一退が続いた試合は延長に入り、最後はスパーズが勝利。ウィザーズの連勝は8でストップした。

 トロント・ラプターズの渡辺雄太(26)はクリーブランド・キャバリアーズ戦に19分52秒出場して9得点、2リバウンド。スリーポイントシュートを含む4本のフィールドゴールをすべて決めた。

関連タグ: