【NBA】3試合ぶり復帰の八村塁は9得点 ウィザーズはマジックに勝ち連敗を4で止める

2021年04月08日 11時55分

八村塁

 7日(日本時間8日)の米プロバスケットNBAで、ワシントン・ウィザーズは敵地でのオーランド・マジック戦を131―116で勝利。3試合ぶりに復帰した八村塁(23)は30分27秒のプレーで9得点、7リバウンドと2アシストだった。

 この日は右肩の張りで欠場していた八村と、でん部の打撲で5試合を休んだブラッドリー・ビール(27)も先発に復帰。ウィザーズは序盤からリードを奪う展開が続く。

 八村は右肩がまだ本調子ではないのか、前半は3本のフィールドゴール(FG)をすべて外し、フリースローによる2得点のみだった。

 ウィザーズは73―60とリードして後半に入ると、八村は開始11秒でベースライン際からのシュートで最初のFGを決める。

 さらに30秒後にはゴール下にうまくポジションをとって得点する。

 第4Qにはラッセル・ウエストブルック(32)とのピック&ロールからジャンプシュートを決める。

 けがの影響からかシュートチャンスにためらうようなしぐさをしたり、3本打ったスリーポイントシュートはすべて外したが、ブランク明けとしてはまずまずの動きを見せた。

関連タグ: