渡辺雄太の2人越し豪快ダンクが「プレー・オブ・ザ・デー」でNBA全体の7位に

2021年04月08日 10時12分

渡辺雄太

 米プロバスケットNBAが日ごとのベストプレーを選出する「プレー・オブ・ザ・デー」(6日版)で、渡辺雄太(26=ラプターズ)がロサンゼルス・レイカーズ戦で決めたダンクが7位に入った。

 このプレーは第4クオーターにディフェンスで相手のパスミスを誘うと、相手のゴール近くで奪ったボールをドリブルで自ら運び、トップスピードのままデニス・シュルーダー(27)とケンテイビアス・コールドウェルポープ(28)の上から両手でダンクを叩き込んだもの。

 6日のNBAは8試合が行われた。そのすべてのプレーの中で7位に入ったことは名誉なことだといえる。

関連タグ: