【NBA】ステフィン・カリーに何が起こった? 故郷での試合直前に急きょ欠場決定

2021年02月21日 13時03分

試合前は普通に練習していたカリー(ロイター)

 20日(日本時間21日)の米プロバスケットボールNBAでゴールデンステート・ウォリアーズのステフィン・カリー(32)が、敵地でのシャーロット・ホーネッツ戦を試合開始直前になって急きょ欠場した。

 カリーにとってノースカロライナ州シャーロットは、父のデルさん(56)がかつてホーネッツの選手だったこともあって、幼少期から大学までを過ごした故郷ともいえる場所。昨シーズンは自身のけがでシャーロットでの試合に出ることができなかったため、この数日は対戦を楽しみにしていたという。

 この日はスタメンで出場することが発表されていて、試合前のウオーミングアップは通常通りに行ったが、試合開始直前になって「調子が良くない」ことを理由に欠場することを決め、急きょ1年目のマイケル・ムルダー(26)が代役を務めた。

 気になるカリーの詳細な症状についてチームから発表はされてない。試合はホーネッツが102―100で勝利した。

関連タグ: